コラム「子どもの気持ち」
親切を実行するきっかけとなった人はだれ?

子どもたちが親切を考えるきっかけになったり、親切をすることができたきっかけとなった人はだれでしょうか。平成28年度の作文コンクールに入賞した130作品から抜き出してみました。
※小学生、中学生各65編の、文中に登場する“きっかけ”となった人を全て抜き出し

【影響を与えた人 小学生】

小学生の場合、まずは「お母さん」の言葉や行動が親切を考えるきっかけになるケースが目立ちます。
今回は特に、お母さんが、お年寄りや体の不自由な方を手助けしたり、初めて会った人でも迷わず思いやりのある行動をとったことで、自分も親切をすることができたという内容が多くみられました。

母親を含め、父親や兄弟、祖父母の合計は42件。行動範囲の狭い小学生にとって、家族が与える影響は大きいことがわかります。
一方、電車やバスなどで初めて会った人が、お年寄りや体の不自由な方に席をゆずっているのを見て、「次は自分もがんばろう」と、実行に移す子どもも多く、「大人の行動」は常に子どもたちに見られていることを肝に銘じておきましょう。

【影響を与えた人 中学生】

中学生が親切について考えるきっかけになった人が「お母さん」であるケースは9件でした。
お母さん以外の家族とあわせても18件と、小学生に比べると、家族の影響は少ないことがわかります。

中学生になると、学校や家の外に出かけることが増え、行動範囲が広がります。そのため、出かけた先で初めて出会った人、旅先で出会った外国の方などに影響を受けることが多いようです。

ガンバレ!お父さん

小中学生とも、家庭での接点が少ないためか、「お父さん」が影響を与えた件数は、お母さんに比べるとだいぶ少なくなっております。
しかし、お父さんが登場する作文を実際に読んでみると、ふだん口数の少ないお父さんが率先して親切な行為をすると、子どもたちに大きなインパクトを与え、「見直した!」「お父さん、スゴイ!」と称賛する作文が多いです。

件数は少ないのですが、「影響力」という点では父親も母親には負けていない、ということを世のお父さん方、忘れないでくださいね。

先生・保護者の皆様へ

「小さな親切」運動では、子どもたちの思いやりの心を育てるため、さまざまな活動を行っています。

みんなはどんな作文を書いているのかな?
~平成28年度  「小さな親切」作文の傾向~

グラフは、作文のテーマ「『小さな親切』~私のした、うけた、みた、できなかった親切」の内訳です。
自分が“実行した”親切について描いているものが最も多く、小中学生とも約半数となっています。

「親切をした:小学生46.2%、中学生49.2%」に対して、二番目に割合が多い「親切をうけた:小学生36.9%、中学生30.8%」

作文の内容で一番多かったものは、おじいさんやおばあさんなど家族を含めた「お年寄りとの関わりや交流」について書いたものです。

それ以外では、「学校やみんなが使う場所のそうじ」「身の回りの整理整とんの大切さ」「体の不自由な方との関わり」「家族の間の思いやり」「バスや電車での席ゆずり」などを書いたものが目立ちました。また、最近各地で自然災害がおきていますが、「災害がおきたときの助け合いやボランティア活動」などをテーマにしたものもありました。
『小さな親切』というテーマは同じででも、内容はさまざまなものがあります。

  • お年寄りの荷物を持ってあげた
  • みんなが使う場所のスリッパや靴をそろえてあげた
  • おうちのお手伝いをした
  • ごみ拾いをしたり、クリーン活動に参加した

“親切を実行した”内容ではなくても、親切にされてうれしい気もち、できなかったときのくやしかった気もちを書いた作文もあります。
自分が体験して感じたことは、素直に表現して書いてみましょう。きっと読んだ人が共感して、感動してくれるでしょう。

  • お年寄りや、妊婦さんに席を譲りたかったけどできなかった…
  • 落ちこんでいるときに、やさしい言葉をかけてもらってうれしかった
  • 友達がそっせんして困っている人を助けているのをみた

過去3年間の入賞・入選者はこちら

第41回(平成28年度)入賞・入選者【PDF】
第40回(平成27年度)入賞・入選者【PDF】
第39回(平成26年度)入賞・入選者【PDF】

心温まるしんせつさんがいっぱい!
入賞作品集申し込み

入賞作品集表紙

■内容
作文コンクールの入賞30作品および入選者のお名前
はがきキャンペーンの入賞・入選25作品

作品集のお申し込み、詳細については、こちらのページをご覧ください。