「小さな親切」作文コンクール 入賞作品 優秀賞

「観光客との出会い」

香川県  直島中学校  2年  中林 春日

 私は直島に住んでいます。最近は有名になり、観光客が増え、芸能人が来たりしています。

 ある日、私は下校中に外国人観光客に出会いました。直島のマップを片手に立ち止まりずっときょろきょろしています。

 「この人、道に迷っているな。」

と、私はすぐにそう察しました。直島は、英語教育にも力をいれています。ALTの先生が来て小さい頃から英語と関わり、遊んで楽しみながら文や単語を覚えてきました。だから、

 「どこに行きたいですか?」

と聞くことは可能でした。しかし、そのときは声をかけることができませんでした。どうしても、声をかける勇気が出なかったからです。それに、会ったことのない外国人です。ほぼ毎日会っているALTの先生とは大違いです。だから英語を話すのが怖くて、その外国人と話すことができませんでした。

 (なぜ声をかけてあげなかったんだ)

 そう思ったときはもうおそく、その外国人観光客が見えなくなるくらい距離が長くなっていました。私はすごく申し訳なく思いました。人が困っているのをわかっていながら、なにもせず通っていった自分に腹が立ちました。後から出てくるくやしい気持ちや後悔、申し訳ない気持ちを思いながら私は、

 (次は勇気を出して声をかけてあげるんだ!そして、今度はうれしい気持ちで観光客と別れるんだ!)

と、心の中で決めました。

 何日か経ったある日、私は帰り道にまた、道に迷っている外国人観光客を見ました。しかし、今回は前と少し違いました。私が話しかけようとずっとその人を見ていると、その人のまわりには三人の友達らしき人がいました。私はその三人を見たとき、

 (だめだ。私にはできない。四人となんか話せない)

とあきらめていました。しかし、私は思い出しました。この前、声をかけられなくてくやしかったこと、後悔したこと、全部を思い出しました。そして、私はこのままではいけないと思い、勇気を出して、

 「あなたはどこに行きたいですか?」

と、英語で話しかけました。すると、その人たちは、はじめはびっくりしていましたが、すぐ笑顔になって、行きたい場所を教えてくれました。

 その行き先は私の家の近くだったので、いっしょに話しながらその場所に連れて行ってあげました。とても楽しかったです。そして観光客も私もうれしい気持ちで別れました。

 小さな親切にはたくさんの勇気がいると思います。でもその勇気を出すことが私は一番大切だと思います。なぜなら、心の中で相手に親切にしてもなにも伝わらないから、なにも変わりません。だからたとえ、はずかしくても勇気を出せば、なにかがきっと変わるはずだと思っています。

審査員コメント

親切な行為には、時として勇気が必要になります。言葉が通じないかもしれない状況ではなおさらです。
でも、親切ができなかった時の後悔もずっと心に残ります。中林さんはよほど悔しかったのでしょう。
二度目のチャンスも失いかけましたが、最初の経験が後押しをしてくれました。共感と勇気をくれる作品です。

みんなはどんな作文を書いているのかな?
~平成28年度  「小さな親切」作文の傾向~

グラフは、作文のテーマ「『小さな親切』~私のした、うけた、みた、できなかった親切」の内訳です。
自分が“実行した”親切について描いているものが最も多く、小中学生とも約半数となっています。

「親切をした:小学生46.2%、中学生49.2%」に対して、二番目に割合が多い「親切をうけた:小学生36.9%、中学生30.8%」

作文の内容で一番多かったものは、おじいさんやおばあさんなど家族を含めた「お年寄りとの関わりや交流」について書いたものです。

それ以外では、「学校やみんなが使う場所のそうじ」「身の回りの整理整とんの大切さ」「体の不自由な方との関わり」「家族の間の思いやり」「バスや電車での席ゆずり」などを書いたものが目立ちました。また、最近各地で自然災害がおきていますが、「災害がおきたときの助け合いやボランティア活動」などをテーマにしたものもありました。
『小さな親切』というテーマは同じででも、内容はさまざまなものがあります。

  • お年寄りの荷物を持ってあげた
  • みんなが使う場所のスリッパや靴をそろえてあげた
  • おうちのお手伝いをした
  • ごみ拾いをしたり、クリーン活動に参加した

“親切を実行した”内容ではなくても、親切にされてうれしい気もち、できなかったときのくやしかった気もちを書いた作文もあります。
自分が体験して感じたことは、素直に表現して書いてみましょう。きっと読んだ人が共感して、感動してくれるでしょう。

  • お年寄りや、妊婦さんに席を譲りたかったけどできなかった…
  • 落ちこんでいるときに、やさしい言葉をかけてもらってうれしかった
  • 友達がそっせんして困っている人を助けているのをみた

過去3年間の入賞・入選者はこちら

第43回(平成30年度)入賞・入選者【PDF】
第42回(平成29年度)入賞・入選者【PDF】
第41回(平成28年度)入賞・入選者【PDF】

心温まるしんせつさんがいっぱい!
入賞作品集申し込み

入賞作品集表紙

■内容
作文コンクールの上位入賞作品
はがきキャンペーンの入賞・入選全作品

作品集のお申し込み、詳細については、こちらのページをご覧ください。