実行章受章者600万人目の贈呈式が行われました

身近な“しんせつさん”に感謝の気持ちを込めて賞状をお贈りする「小さな親切」実行章は、1963年の運動発足当初から続く、運動の根幹となる活動です。毎月全国からたくさんのご推薦が届いていますが、このたび累計受章者が600万人を突破しました!

記念すべき600万人目の受章者は、島根県益田市で活動する『合歓(ねむ)の会』の皆さん。地域の子どもたちの登下校時の見守り、課外活動等への協力を通じて世代間交流や文化伝承を行うほか、高齢者の見守りや交通安全運動を実施するなど、幅広く活動されています。

去る5月12日(水)には、感染症対策を十分に行った会場で贈呈式が行われ、「小さな親切」運動山陰本部の藤井壽文実行委員より、草野幸子代表へ賞状ならびに記念の楯を贈呈いたしました。
会場にはいつも活動を共にするメンバーも集まり、短い時間ではありましたが、和やかなひと時となったようです。

また、贈呈式に先駆け、日刊スポーツ紙上でも実行章について取り上げていただき、これまで実行章や「小さな親切」運動を知らなかった方たちにも興味を持っていただくきっかけになったと思います。
このページをご覧の皆さまも、身近に“しんせつさん”を見つけたら、ぜひご推薦くださいね。

☆ご推薦はこちらから

「小さな親切」実行章600万人目記念贈呈式
開催日:令和3年5月12日(水)
場 所:東仙道公民館(島根県益田市)
受章者:合歓の会
授与者:「小さな親切」運動山陰本部 実行委員 藤井壽文(株式会社大畑建設 取締役副社長)
協 力:「小さな親切」運動山陰本部(事務局:山陰合同銀行)
    山陰合同銀行 益田支店