青少年すこやか育成事業

平成19年度から「紙芝居による心の教育プロジェクト」として、オリジナル紙芝居を活用した小学校での道徳授業を開始。平成24年度からは、公益財団法人JKAの補助を受け「青少年の健やかな成長を育む活動補助事業(青少年すこやか育成事業)」として新たなスタートを切りました。

青少年すこやか育成事業では主に、以下の事業をおこなっています。

オリジナル紙芝居を活用した道徳授業では、学習指導要領に沿って授業が行えるよう、紙芝居「つなみのひ」「まつりのひ」に合った指導案を作成し、全国の小学校で授業を行っています。

工作教室などそのほかの活動内容は以下のページからご覧いただけます。
詳しい活動内容はこちらから(別ウィンドウで開きます)

オリジナル紙芝居は、学校など公的機関には贈呈いたします。
また一般の方でも読み聞かせにご利用いただく場合は貸出が可能です。
小学校の学習指導要領に沿った指導案のご用意もございますので、ご希望の方は下記までお問い合わせください。

「小さな親切」運動オリジナル紙芝居のご紹介

東日本大震災の被災地を取材し作成した紙芝居
(2作品)

同じ村を舞台に「つなみのひは」災害直後、「まつりのひ」は数年後の様子を描いています。ひとつの作品でも、連作としてもお読みいただけます。
道徳授業の資料としてぜひご活用ください。
表紙をクリックすると、内容を見ることができます。

「つなみのひ」(全学年向け)

災害にあったとき、あなたならどうしますか?
津波におそわれたどうぶつ村を舞台に、人を思いやる気持ちや助け合うことの大切さを伝えます。

内容を見る

「まつりのひ」(全学年向け)

「つなみのひ」から4年後。村祭りを通して、主人公たちが支えあい成長していく姿を描きます。
乗り越えられない困難なんてない、そんな気持ちを感じてください。

文部科学省選定作品
(学校教育教材小学校低学年・中学年向き道徳、社会教育少年向き教養・情操)

内容を見る

「小さな親切」作文コンクールの応募作品や実際にあった出来事をもとに作成した紙芝居
(4作品)

身近にある題材をもとに、子どもたちに様々なことを考えてもらえる内容です。
読み聞かせだけでなく、道徳授業の資料としてもご活用いただけます。
表紙をクリックすると、内容を見ることができます。

「しんせつってなぁ~に?」(低学年向け)

「しんせつ」ってなんだろう?
みんなが思う、素朴なギモン。答えのヒントが隠されています。

内容を見る

「だいじなたまご」(低学年向け)

友だちがぶつかってきて、楽しみにしてたチャボの卵が割れちゃった! そのとき、たっくんが思ったこととは…

内容を見る

「やさしいこころ」(低学年向け)

近所にいるこわいおじさん。なんでいつも怒られちゃうんだろう。
おじさんの本当の気持ち、わかりますか?

内容を見る

「マー君いいとこあるじゃん」(中学年向け)

「きらわれもの」のマー君だけど、実は… 知らなかった、友だちの新たな一面。発見するってとってもうれしい!

内容を見る